ゲーム作りました!   9/29更新!!

久方ぶりの更新~

特に書くことがなかったのだが1か月ほど前からC言語を勉強し始め、つい先日自作ゲームが完成したので記念にブログ更新。

需要から考えればJAVA等のオブジェクト指向言語を学習するべきなのかもしれないがC言語は機械の内部構造を理解するのに適しているらしいのでまずは基礎固めとしてC言語を選択しました。

完成したゲームの内容ですが、コンソールアプリのダンジョンRPGになります。

その名も Is this dungeon?~これはダンジョンですか?~

コンソールアプリなので絵的には地味ですがそれなりに練りこんだシステムになっているので暇な方は遊んでみてくださいw

 

 

 

 

ソースも同梱しておきました。C言語歴2か月の素人の書いたコードなので稚拙なソースだとは思いますが、これからプログラミング始める方の参考になれば幸いです。

作り始めると結構楽しいけど、段々プログラムの規模が大きくなってくるとわかりにくくなるので事前の設計が大事だと痛感しました。

苦労したポイント 構造体のメンバに構造体をネストしたときにアドレス空間が重複して予期せぬ挙動を示した(メンバの並びを変更することによって一応解決済み)

ポインタは言われているほど難しい概念ではない。

 

開発環境 テラパッド cygwin

プログラミング初心者が作成したコンソールRPG Is this dungeon?

↓↓ダウンロード↓↓

2018/9/29 更新!

これダン.zip

※主な変更点※

60階のボスが不在だったバグを修正

防具の防御力が被ダメージ計算に加算されていなかった重大すぎるバグを修正

一部のアイテムが強すぎたので修正(アトミックボムとかアトミックボムとか)

全体的に敵の強さやアイテムの性能を調整

ホーリーやポイズン、スリープに関するバグを修正

魔法の性能の調整

やっぱりちゃんと一度自分でクリアまで確認しないとだめですねw

 

次回作はjavaで作れたらいいなぁ・・・

 

学習に使用した書籍

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

C言語本格入門 基礎知識からコンピュータの本質まで [ 種田元樹 ]
価格:3218円(税込、送料無料) (2018/9/15時点)

 

楽天で購入

 

 

祝!MOS2016 MASTER!

mos master証明書

MASTER GET~!!

最初にEXCLEとったのが3月17日だから・・・約2か月で4科目独学(対策テキストは使用)で合格なら優秀なんじゃないのかな?(EXCELだけ1回落ちてるけどw)

①EXCEL ⇒ ②ACCESS ⇒ ③POWERPOINT ⇒ ④WORD

この順番はなかなか良かったんじゃないかと思います。学習した知識が流用しやすい為。

EXCELとACCESSでは関数やオブジェクトのプロパティ算術演算や論理演算など(実際には関数そのものの内容はかなり異なるがEXCELをしっかり理解していれば応用が利きます)

ACCESSとPOWERPOINTではあまり近似する機能はなかったけどSmart Art や図表のプロパティやレイアウトの調整などはOFFICE全てで共通なのでやはりどうせ受けるならあまり時間を空けずに一気に受験したほうがよい気がします。(受験の目的にもよりますけど)

POWERPOINT とWORDではテキストボックスの段落の設定等。フォントやセルやオブジェクトの色の変更、調整等々。とにかく共通項が結構あるので具体的な目的がなく、とりあえず就職や転職の為にPCスキル全般を身に着けたいという方は、間をあけずに全部まとめて受験することをお勧めします。

問題なのは金が結構かかることorz

筆者はサイバー大学の学生なので学割価格で受験することができましたがそれでも高い…

※筆者はoutlookは未受験なのでテキスト代はわかりませんが受験費用はACCESS、pwerpointと同様です。

筆者の場合excelで一度落ちているので60,480¥もかかっている…本当にテキスト代をケチったことを後悔しているorz

受験されるときは余程自身がある方以外は対策テキストのご利用をお勧めします。

私の場合、勤め先で一番EXCELに詳しかったので「多分大丈夫でしょ」と調子に乗って無策で挑んだら650で不合格でした。w

※ちなみに私はEXCEL以外はほぼ使ったことがない状態から始めました

ご紹介させていただいたFOM社のテキストは付属のCDROMから模擬テストプログラムをインストールできるのですが、これが実際のCBT試験と同じ形式なので試験プログラムそのものに慣れることができます。個人差があるとは思いますが本試験は試験自体に慣れていないと結構見づらいです。(環境にもよるのかな?)

恐らく、採点プログラムの問題だと思いますが、テキスト付属の模擬試験のほうがシビアです。あくまで筆者の場合ですが全4回の本試験全てが模擬試験最高点を上回りました。なので模擬テストで合格点を超えられれば本番で落ちることはまずないと思います(多分)

さて、折角MASTERになったことだし、どこかのPC教室で副業としてアルバイトでもしてみようかな。

当ブログがこれからMOSを受験しようという方の参考になれば幸いでございます。

それでは皆様。また何かネタができるまで!

 

 

 

 

 

MOS powerpoint2016

MOS受験記録第3弾powerpoint2016、先ほど受験してまいりました。

勿論合格しました!!これでリーチだ!( 残りはWORDexpert )

受験の感想ですが多分POWERPOINT一番簡単です。(笑) 単純に機能の数がexcelなどと比べると少ないですし頭使うような問題もないですからね。正直受験時間が半分ほど余ってしまいました。途中退席できるので早く終わるに越したことはないですけどね。

さて、あとはWord expertさえ合格すれば晴れてマスターだ。

 

 

Powerpoint始めました。

EXCEL ACCESS と合格したのでせっかくだからMOS MASTERとっちまおう!ってことでpowerpoint始めました。お馴染みのよくわかるマスターシリーズを購入し学習開始。・・・うん、これなら簡単に受かるな!すぐ試験を受けようってことで4月27日に試験予約。

あ余談ですが、MOS試験の予約が意外と取りにくかったりするので受験される方はお早めに予約することをお勧めします。

 

矯正記録

約一年ほど前からやっている歯列矯正の記録をここに記していこうと思う。
今更なので記録が一部が欠落しているが残っている限り詳しく書いていこうと思う。
これらの記録がこれから矯正治療を始める人の参考になれば幸いである。

まず初めに書いておくと、私の場合は『 顎変形症 』という診断をされたためほぼ全ての治療が保険適用である。
治療の最後に口の中を切って顎の骨をずらす手術を行う予定になっている。

動きき始めるとどんどん動くもので11月から4月にかけて上顎はかなり綺麗に揃ってきました。

また定期的に治療の経過を載せていこうと思います。

MOS2016ACCESS合格!

先月のEXCEL Expert合格から約1か月後の本日、ACCESS合格しました。

ACCESSを触ったことすらない状態から1か月程度での合格なら悪くないんじゃないですか?
参考までに私の学習方法ですが、まず『ACCESS販売顧客帳票管理システム』という実際に業務用アプリを作成しながら学習を進めていく方式の書籍を購入し、それを1週間半くらいかけて1冊仕上げた後に、自身の勤め先で使うための簡単なアプリを自作し、最後はお馴染みのFOM出版『よくわかるマスター』シリーズを購入し試験対策を行いました。

 

 

正直『よくわかるマスター』は要らなかったかもしれないけどEXCEL Expert のときにそれで一度落ちたので念のために購入しました。
まぁ落ちるよりは圧倒的に安いですからね。

受験後の感想ですが、Excelに比べれば機能数自体が圧倒的に少ないので簡単でしたね。
Excelに合格した方なら比較演算や論理演算には慣れているでしょうし、関数も微妙にExcelとは異なりますが応用は効きますしExcel Expertに合格した方は流れでそのままACCESSを受験すると無駄がないように思えます。私の場合はExcelVBAのフォームでプロパティを弄ったりしていたので、それもよかったのかもしれません。
しかしながら合格しておいてなんですがこの資格を持っているというだけでは業務用アプリを作成したりは難しいように思います。何故なら試験では『 ACCESSというソフトウェアの操作方法の習熟度 』を問われるだけでRDB(リレーショナルデータベース)への深い理解など皆無でも合格できてしまうからです。
それでも今後の学習の足掛かりにはなりそうです、クエリを作成するとSQL( データベース操作の為の言語 )を自動生成(?)してくれるのでSQLの勉強にはよさそうです。
秋期に開催予定の『 基本情報処理技術者試験 』を受験しようと考えているのでSQLやDBについてACCESSを用いて学習していこうと思います。

EXCEL2016Expert 再び!

前回のまさかの不合格から1か月後・・・

無策で挑んで不合格だったので今回は下記のテキストを使用しきちんと試験対策学習をしたうえで臨みました^^;

 

結果は・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合格!!

 

やはり対策テキストの力は偉大ですね、実践形式の模擬試験が受けられるのは操作に慣れる意味でも有用なようです。

 

今後他のMOSを受けるときは必ずこのシリーズのテキストを使用します(笑)

結構高い(2000~3000円)けど落ちるよりは圧倒的に安く済むので。

ちなみに一通り学習し終わったあとでもいまだにCUBE関数だけよく意味が分からん・・・

試験にでなくてよかった(笑)

さて、次はACCESSの勉強でもしようかな・・・

ACCESSだけは一度も触ったことがなく『データベースソフト』だということくらいしか知らないのだがACCESSを学習することは将来IT分野を学習していく為に役立つ気がする。

EXCEL 2016 Expert

2月7日にEXCEL2016Expertを受験してきました。

完全に独学でしたが多分行けるだろうと思っていた結果・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

650点で不合格orz

受験前のあの自信はどこへやら・・・

対策テキスト買って出直します。

Excel VBA Expert Basic

本日OdysseyCommunications主催のエクセルVBAエキスパートBasicを受験してきました。

Excel VBA ベーシックとは

Excel VBA ベーシックは、Office製品のバージョン2000から2013までを対象としたExcelのVBAスキルを測定します。
この科目は、Excel VBAの基本文法を理解し、Visual Basic Editorを使った基礎的なマクロの読解・記述能力を診断します。
ベーシックレベルで診断するスキルには、変数、セル・シートやブックの操作、条件分岐、ループなどが含まれます。

Odysseycommunications HP より引用

http://vbae.odyssey-com.co.jp/about/excel_basic.html

 いわゆるマクロの試験で、初級にあたります。試験自体はCBT~Computer Based Training~で行われます。

全部で40問で、『次のコードの実行結果を下記から選べ』的な問いや、VBEの機能を問うような問題を4択の中から選びます。

VBAは独学で勉強し独自に簡単な業務用アプリを作成したこともあるのでそれなりの自信はありましたが、独学だとやはり知識にむらがあるようでVBEの基本的な使い方等、意外と初歩的なことを知らなかったりして点数を落としてしまいましたが結果は・・・

 

 

 

 

 

 

得点は 850/1000(合格ライン700点)

んー・・・900点以上を目指していたのですが届かず。しかしまぁ合格は合格です。しかしこれMOS同様、結果はすぐに出るけど答案が帰ってきたりはしないのでどれを間違ったのかはわからないんですねー、それがわかれば復習に便利なのですけどね。

さて、次はVBA standardとMOS EXCLE Expertを受けようと思う。